前へ
次へ

夏に食べたい日本の伝統的な食べ物

日本には、誇れる四季があります。
それは食にも繋がるもので、楽しめる期間が限られている伝統食もたくさんあります。
例えば、豊かな自然の中で抗生物質や合成抗菌剤を与えずに養殖される鰻が、夏を彩る食材です。
天然鰻は、稚魚が年々減少しているため、一部の料亭や専門店で取り扱われていますが、庶民にはごちそうです。
タレにもこだわり、じっくり焼き上げた蒲焼きは、蒸してから焼くなど、関東と関西で仕上がりも違います。
そして、独特の薫りは山椒、食べ方もひつまぶしや白焼きなど、こだわりもあります。
他にも夏の食には、素麺があります。
他の麺は通年化していますが、素麺やひやむぎは夏限定でしょう。
手延べは、独特のコシやのど越しがあり、虹をイメージした色合いも楽しめる色麺もあります。
つゆは、昆布や鰹ダシで、香り豊かに仕上げられますし、流し素麺も食を盛り上げる内容です。
国産小麦粉の香り、伝統食では葛入り生素麺もあります。
食欲がおちる時期ならではの香り、のど越しが魅力です。

Page Top