前へ
次へ

夏バテをしたときにうなぎを食べるのか

夏の土用の丑の日は、その年によって1日の時もあれば2日の時もあります。
2日あるなら食べそこなってももう一日の方を利用すれば何とか夏バテ防止に間に合わせられるかもしれません。
通常は7月下旬ぐらいに設定されるので、暑くなる前のちょうどいい時期に重なります。
では既に夏バテでダウンしている人にうなぎを食べさせてもいいかです。
夏バテは病気とは少し異なりますが、体調の異変があるので病気に近い状態と言えるかもしれません。
食欲なども落ちて、体の消化器官なども弱っている状態です。
最適なのは消化が良くて栄養のあるものになるでしょう。
うなぎは栄養はあるものの、消化がいいかどうかとなると少し問題が出てきそうです。
脂の乗りがうなぎのいいところですが、それを分解したり消化するにはかなり体に負担がかかります。
そのためにあまり体調の良くないときに食べるのは良くないとされます。
夏バテ後はうなぎは控えた方がよさそうです。
少しの量をおかゆに混ぜるなどの工夫をすると食べやすくなります。

Page Top